【Q&A】完全中隔子宮~生田先生

中隔子宮は子宮奇形の一種です。

でもなかなか情報が少ないようでお困りの様子。

手術について、術後に妊娠は可能なのか?

生田克夫先生にお話を伺いました。

いくたウィメンズクリニック 生田 克夫 先生 名古屋市立大学医学部卒業。名古屋市立大学産科婦人科学教室助教授、名古屋市立大学看護学部教授などの経歴を重ねたが、不妊に悩む名古屋の方たちの役に立ちたいという思いで、教育者の立場を辞して独立。地元・名古屋の中心部、栄に開院し、1986 年から体外受精の現場を歩いてきた経験と穏やかな人柄で、数多くの患者さんを妊娠に導く。

みのりのあきさん(27歳)

元々、子宮内膜症で半年間注射をしてその後も3年間ほどジエノゲストを服用しておりました。
内膜症の方は完全ではないですが改善しました。
内膜症が分かった時から中隔子宮を指摘されていました。
婦人科から不妊科を紹介され妊活を始めましたが、子宮鏡検査で完全中隔子宮と判断されました。
手術をどのタイミングでした方がいいのか、手術をしてメリットの方が大きいのか、手術をして妊娠できるのかと悩んでいます。
中隔子宮や中隔子宮の手術については情報が少ないので困っています。

中隔の切除に関しては以前から議論がありますが少し前に欧州の大規模なトライアルの結果が出ていて手術を行う行わないと言うことでの妊娠率や流産率は変わらないという結果が発表されています。

私個人としては完全中隔ならばある程度切除しておいた方が良いと思っています。それほど負担のある治療ではありませんので。

>全記事がドクター編集!

全記事がドクター編集!

不妊治療に関するドクターの見解を取材してきました。