着床しないのはなぜ~田中先生

田中先生に聞いてきました

セントマザー産婦人科医院田中 温 先生 順天堂大学医学部卒業。膨大な数の研究と実験は毎日深夜にまで及び、1985 年、ついに日本初のギフト法による男児が誕生。1990 年、セントマザー産婦人科医院を開院。現在も研究と実験に精力的に取り組んでいる。日本受精着床学会副理事長。順天堂大学医学部客員教授。

いなみんさん(42歳)

2回体外受精しました。 

 初回は陰性。それから温活したり足湯をしたり、歩いたり、筋トレもしています。  だけど、2回目凍結胚移植して一度陽性反応あるもまた陰性。化学流産してしまいました。  私は母になれないのでしょうか? 

 ストレスは仕事、主人とのこと、かなりあります!

42歳では受精胚の着床前診断の結果約80以上が染色体異常ですので、そのまま移植しただけではほとんどが流産または着床不全ということになります。ぜひ着床前診断をされることをお勧めいたします。内膜の状態や着床の問題ではございません。胚盤胞が67個まで貯めて一括して検査に出すのが経済的です。

>全記事がドクター編集!

全記事がドクター編集!

不妊治療に関するドクターの見解を取材してきました。