低AMHでの治療の一時中断について~田中先生

低AMHなのに、お仕事の都合なので治療を中断しなくてはいけないケース…心配ですよね。

そんな時に、何か打つ手はあるのでしょうか?

田中先生にお聞きしました

セントマザー産婦人科医院田中 温 先生 順天堂大学医学部卒業。膨大な数の研究と実験は毎日深夜にまで及び、1985 年、ついに日本初のギフト法による男児が誕生。1990 年、セントマザー産婦人科医院を開院。現在も研究と実験に精力的に取り組んでいる。日本受精着床学会副理事長。順天堂大学医学部客員教授。

パンプキン さん(33歳)

昨年8月の段階でのAMH1.01でした。昨年9月から治療を始め、今年3〜5月に体外受精に挑みましたが、卵の大きさにばらつきがあり、採れたのは1回のみ。グレード4の胚を新鮮胚移植するも陰性でした。 

 7月に不妊専門クリニックに転院。初診時に卵胞が大きくなっていたので排卵誘発剤を打ってタイミングを取りました が、だめでした。 

 8月と9月の多忙な部署へ応援に行くことになり、平日まったく休めない状況になってしまったので治療をお休みせ ざるを得ません。転院したばかりでAMHも低いのでとても悔しくて不安です。服薬など、できることはありますか? 

 

AMHの値は年齢の割にはかなり低い状態ですが、これは卵の数を示す値で卵の質が悪いというわけではありません。

少ない数でもうまく発育させて治療をすれば十分可能性はありますよ。やはり排卵誘発法を十分に検討することが一番重要でしょう。

 

>全記事がドクター編集!

全記事がドクター編集!

不妊治療に関するドクターの見解を取材してきました。