NO IMAGE

Q 顕微授精で着床しません。 どんな治療をすればいいの?

神谷 博文 先生 札幌医科大学卒業。同大学産婦人科学講座、第一病理学講座に 入局後、斗南病院にて産婦人科科長を10年間務める。1998年、 神谷レディースクリニックを開業。
のこのこさん(26歳)からの相談 Q.精子の数が少なめで運動率が悪いとのことで夫は男性不妊 専門の病院を受診。問題はありませんでした。私もひと通 り検査しましたが問題なしとのこと。ロング法、ショート法、 アンタゴニスト法で顕微授精を3回実施。ロング法で初期 胚を凍結して移植しても陰性、ショート法で桑実胚の新鮮胚移植や胚盤胞(4CC)を凍結後、融解胚を移植しても陰性。 3回目のアンタゴニスト法での受精結果はまだ出ていませ ん。毎回卵子の質がよくない、精子も体外受精では無理で 受精卵をつくる力も弱い、受精卵のグレードも低く原因がわ からないと言われます。私みたいな状態の人はどういった治 療法が有効でしょうか? また、移植時にはホルモン補充を していますが、ホルモン値が上がらず毎回薬を変えていま す。薬の効きにくい人へのアドバイスもお願いします。

検査で問題がなくても、なかなか妊娠 に至らないのこのこさんのケース。

どの ような原因が考えられますか?
神谷先生 ご相談の文面から見ますと、精子の数が少ない乏精子症、動きのよくない精子無力症が原因で、顕微授精による不妊治療を受けているということですね。いろいろな誘発法を行い、複数の卵子が獲得でき、かつ、顕微授精によって受精ができていますが、良好胚、胚盤胞 になる確率が低い。そのため、胚移植してもなかなか妊娠しないという症例です。

一般的には、 30 歳以下の年齢が若い人 の場合、たとえ男性側に不妊因子があっても顕微授精で胚移植をすると 70 〜 80 % は受精し、 40 〜 50 %は胚盤胞になります。 良好胚が得られて胚移植をすると 70 〜80 %は妊娠、 60 %くらいは出産まで至る ことが多いです。

しかし、のこのこさんのように、年齢が若く、検査では問題がなくても良好胚が得られない症例は少数ですがあります。そして、その原因はわからないことが多いのです。

先生がすすめるとすれば、どのような 治療法がありますか。

神谷先生 排卵誘発法にはロング法、ショート法、アンタゴニスト法などいくつもの方法があります。しかし刺激法を変えることが良好胚の獲得につながることはあまりないと思いますが、今まで試したことのない排卵誘発法や黄体ホルモン併用療法などを試したり、一度くらいは低刺激法や自然周期法で採卵してみるのもよいのではないかと思います。

それでも良好胚が得られない場合、過排卵誘発に戻して数多くの卵子を採卵 し、そのなかで少しでも良好胚を見つける方法しかないかもしれません。

ホルモン補充をしても、ホルモン値が なかなか上がらないことに対しては、どうすればいいのでしょうか。

神谷先生 ホルモン値は、たとえば卵胞ホルモンは120〜150pg/ml 以上、黄体ホルモンは 10 〜 12pg/ml 以上で十分 な値です。あまり気にしなくてもよいのではないでしょうか。それよりも子宮内膜の厚さ、形態のほうが重要です。

つまり、子宮環境を整えることが大切。酸化ストレス・抗酸化力検査を受けたり、卵子によい影響を示す抗酸化サプリを服用したりするのもいいかもしれません。抗酸化サプリには、アスタキサンチンやコエンザイム Q10 を含むものや、ビタミ ン E などがあります。夫婦でサプリを服用することも、一緒に不妊治療に取り組んでいく気持ちを強くするうえで効果的かもしれませんね。

子宮環境のためには、酸化ストレスを避け、規則正しい生活をし、健康な体づくりを心がけること。その積み重ねが不妊治療をよい結果に導くのではないでしょうか。

>全記事がドクター編集!

全記事がドクター編集!

不妊治療に関するドクターの見解を取材してきました。