Q 排卵前に「卵胞が割れた」 というのはどういうこと?

大島 隆史 先生 自治医科大学卒業。1982年、新潟大学医学部産科婦人科学教室 入局。産婦人科医として3 年間研修後、県内の地域病院の1 人医 長として4 年間勤務。1992 年、新潟大学医学部において医学博士 号を授与される。新潟県立がんセンター新潟病院、新潟県立中央病 院勤務を経て、1999 年、大島クリニックを開設、院長に就任。
めぐみさん(28歳)からの相談 Q.生理不順で排卵もうまくいかないため、クロミッド Ⓡを服 用。卵胞が育ちましたが、排卵前になっているのに子宮内膜が厚くならず、プロゲストンⓇやプレマリンⓇを服用し ました。排卵予定日は少し先なのに基礎体温が上昇し、 それから3日間も高く、子宮もかなり張っていたので「排 卵したのかな」と思っていました。翌日婦人科を受診し て体温が上昇したことを伝え、エコーで診てもらうと「1 つ卵胞が割れていて、その水が出たことで張っているん だと思うよ。卵胞は20mmに育っているから今日、HCG 注射を打つからね」と言われました。排卵前に卵胞が割 れたというのは、排卵とは違うのですか? 基礎体温が上 昇したのは間違いということになるのでしょうか。

まず、排卵予定日の前なのに体温が上昇し たということについてどう思われますか。

大島先生 もしかしたら、クロミッドⓇを使っているせいかもしれません。原因ははっ きりわかっていないのですが、クロミッドⓇを服用していると排卵前から高温相になるこ とがあります。当院の患者さんでも、排卵の前に採血をしたら血中の黄体ホルモン濃度が 高かったということがありました。基礎体温が高温になるというのは黄体ホルモンの値が3~5 ng/ ml 以上あるということ。3日間 も続いたというのは、おそらく黄体ホルモンが分泌されている状態だと思います。

子宮が張ったり、水が出たという原因は?

大島先生 子宮が張る感覚というのもクロ ミッドⓇの影響だと考えられますね。クロミッ ドⓇを服用すると7日目から 10 日目の間にお 腹が張る、と訴える方は結構いらっしゃいま す。これはクロミッドⓇが卵胞ホルモンという女性ホルモンを刺激することで、子宮というより腸が張るのだと思います。
  水は排卵したからなのか、もしくは排卵の 前から卵管液がこぼれ出て、それがお腹に見えたのか、二つの原因が考えられますが、これだけの情報では確かなことはわかりません。私の推測では後者の卵管液のような気がしますが、担当医から詳しい説明はなかったのでしょうか。

この方の一番の疑問である「卵胞の1つが割 れていて」というのは、どういうことなのでしょうか。

大島先生 これもいくつかの状況が考えられますが、はっきりしたことはわかりませんね。たとえば、割れるというより、しぼむ、あるいは潰れたということであれば、体外受精のために卵巣を刺激して卵胞がたくさんできた時に起こることがあります。しかし、 クロミッドⓇだけの刺激だと多くても2個程度しか卵胞は成長しないので、このような状態が起こることはなかなかないでしょう。

また、2個できた卵胞のうちの1個が排卵して、残った 15mm くらいの卵胞がその排卵 の刺激で 20mm ほどに膨れ上がることはよくあ ります。そうなると 20mm の卵胞は閉鎖卵胞に なっているので、もう排卵はしません。

担当の先生はHCGを注射するとおっ しゃっているので、 20mm のものを排卵する卵 胞とみているのでしょう。そうなると、割れたものは排卵ではなかったことになります。

  排卵前かどうかは、子宮内膜と頸管粘液の 状態を見ればある程度判断できます。内膜に木の葉状のサインがあり、粘液がたくさん出ていたらこれからの排卵、逆にこのサインがなくて粘液も分泌されていなければ排卵済みということになります。

先生もエコーだけでなく、ほかにもいくつかの材料を参考にして判断されていると思うので、疑問に思われたら詳しい説明を求めてみたらどうでしょうか。まだ不妊治療を始められたばかりとのこと。不安を感じたらそのままにしておかず、早めに解決して納得した形で治療を進めていただきたいですね。

>全記事がドクター編集!

全記事がドクター編集!

不妊治療に関するドクターの見解を取材してきました。