「閉経に近いです」

娘にきょうだいをつくってあげたい…

「閉経に近いです」。

医師のつらい言葉にも 負けずに治療を継続。

次の誕生日まで トライを続けるつもりです。

4 年前、 1 回の体外受精で長女を授かった トモさん。

2 年半前から第 2 子妊娠に向け 治療を始めるも思うようにはいきません。

次の誕生日を前に揺らぐ心境を語ってくれました。

第 1 子妊娠は想像よりも スムーズに進行

取材当日、幼稚園に入園した ばかりのあーちゃんを連れて やってきたトモさん。

この夏 42 歳の誕生日を迎えます。

結婚したのは 28 歳の時。

当時 お父様が透析治療を受けること となり、妊娠についてはまった く考えられる状況になかったと いいます。

懸命の介護を続けた もののお父様はその後ご逝去。

当時 35 歳になっていたトモさん はようやく妊娠について考える ようになりました。

なるべく早 く妊娠したかったため、まずは 近くの病院を受診。

卵管造影検 査をしたところ、片方の卵管が つまっていることが発覚しました。

「すぐにでも不妊治療した い」そう切り出したトモさんに、 ご主人は積極的に協力してくれ たのだそうです。

病院から紹介 を受け、すぐに不妊治療専門の クリニックへ通うことになりま した。

不妊治療専門クリニックで数 回のタイミング療法にトライし たものの妊娠には至らず、トモ さんは先生に早めのステップ アップをリクエストしました。

そして、初めて受けた体外受精 が見事成功。 2 011年 4 月に あーちゃんを出産しました。

あーちゃんがおっぱいを飲む 姿が愛おしく、またあーちゃん もおっぱいが大好き。

断乳でき ず、なかなか次の妊娠を考えら れなかったトモさん。

出産後、10 カ月で生理が来たので、自然 にまた妊娠できるかも…とぼん やり考えていました。

しかし、 同じ病院で不妊治療を受け妊娠 した友人から「 40 代は時間が限 られているし、第 2 子を考えて いるから私は不妊治療を再開す るよ」。

そんな言葉を受け、次 の妊娠に向けての準備を決意し ました。

第 2 子のトライで知った 高FSH、低AMH

2013年の年明けととも に治療を始めたトモさん。

その1 回目は、採卵するも受精がで きないという結果。

そこではじ めてショックを受けることに なります。

「実はそれまで何の知識もなく治療をしていたん です。

ここからが本当の治療の 始まりでした」。

2 回目のトラ イは遺残卵胞があったために 見送り。

そして 3 回目のトラ イ。

生理から 10 日目で受診した ところ、FSHの値が 51 に跳ね 上がっていました。

そこで先生 に言われたのは「この数値は閉 経に近いです。

妊娠よりもご自 分のホルモン治療を考えたほ うがよいのでは?」との厳しい 一言。

ふだんとっても明るいト モさんも「この先生の診断には 帰りながら号泣してしまいま した」と語ります。

そんなトモさんがそれでもな お治療を続けようと思ったの はご主人の存在。

「主人は私に とってのセカンドオピニオンを言ってくれる存在。

この結果に も、本当にそうなの?

何かで きることはないの?

ととても 前向き。

そんな彼の言葉に後押 しされて、前々から気になって いた別の病院への受診を決めま した」

2013年 4 月、トモさんは 転院。

そこではじめてAMH検 査を受けます。

その結果はなん と 0.1 以下…。

そんな状況でした が、担当の先生の「大丈夫です よ」の一言。

「ここの先生は、 オーダーメイド的に私がやりた いことにトライさせてくれまし た。

それで随分気持ちが楽にな りました」。

このクリニックで はカウフマン療法で薬を飲みな がらの治療が続きました。

ただ、 薬によってまたFSHが跳ね上 がったり、インフルエンザで高 熱に見舞われてしまったり、ト モさん自身の体調、そして病院の治療スケジュールとのタイミ ングがなかなか合いません。

「薬 の副作用で体調がすぐれず、娘 と思うように遊んであげられま せんでした。

そもそも薬が私の 体に合わないのかも…と感じ始 めました」

悶々とした日々が続いたある 日のこと、前の生理から 17 日目 で突然生理が来てしまいます。

しかしながらその後卵胞は育っ ていたため、トモさんは採卵を 希望しますが、病院からは「今 回は周期が少しずれてしまった ので採卵は見送りましょう」と のすすめ。

せっかく育った卵胞 をそのままにしてしまうのは悔 しい…そんな思いが拭えずトモ さんはその足で元々通っていた クリニックへ。

採卵してほしい ことを訴え採卵をしてもらいま す。

そして新鮮胚移植まで進み ましたが、残念ながら妊娠には至りませんでした。

そして元の病院で数回のトラ イの後、昨年夏、ようやく着 床!

トモさんのお腹の中で 赤ちゃんの心拍が確認できまし た。

あーちゃんにも赤ちゃん が来ることを伝え家族で喜びあ いました。

しかし、その喜びも つかの間…。

翌月の検診で心拍 が確認できず稽留流産をしてし まっていたことが発覚。

「赤ちゃ んどこに行っちゃったの?」無 邪気にたずねるあーちゃんに 「赤ちゃんはお空に行っちゃっ たの…」と答えるトモさん。

「そ のあと娘が空に向かって、バイ バーイ!

また来てね!

と何 度も手を振っていて…

まだ不安 定な時期にどうして赤ちゃんが 来ることを言ってしまったのだ ろう、こんな悲しい思いをさせ てしまってかわいそうだった…

と心から後悔しました」

次の誕生日を迎える前に 揺らぐ思い…

はじめての流産を経験し、心 身ともに疲れてしまったトモさ ん。

病院で 3 カ月のお休みを通 達され、思い切って家族旅行を 決意。

ご主人に休みをとっても らいハワイへ旅立ちました。

「弾 丸旅行ではありましたが、娘と ようやくゆっくり過ごせまし た。

広い海、海外の様子を見せ てあげられて本当に満足できる 旅行でした」

心身ともにリフレッシュして 今年 1 月に治療を再開。

この時 も着床したものの先生には「継 続率 30 %です」と厳しい数値を 伝えられます。

それでもわずか な期待を込めていたある日、突 然の出血に見舞われます。

「お そらくこの時に自然に体外に出 てしまったようです」。

先生に低い確率を言われながらも、心 の中で期待していた自分…複雑 な思いが重なりあいました。

その後、 3 カ月のお休みを経 た今、トモさんの心境に少しず つ変化が起こり始めています。

「夏に 42 歳を迎えます。

もう妊 娠は難しいのかも…

と半分は諦 めている自分がいます。

でも、 自分の経験から姉妹がいて本当 によかったという思いがあり、 この子になんとしてでもきょう だいをつくってあげたいんです よね。

でも、その一方でできな かった時の自分への理由も考え 始めているんです。

娘を良い環 境で育ててあげよう、一人っ子 でもたくさんのお友達を見つけ てあげればいいんじゃないか、 とか。

次の誕生日が決断時かな と…」。

さまざまな思いが行き 交うなか、トモさんは次のトラ イへの準備を始めています。

>全記事がドクター編集!

全記事がドクター編集!

不妊治療に関するドクターの見解を取材してきました。