生姜入り豆乳甘酒

体にいいものを美味しく食べよう!ジネココッキング!

管理栄養士さんが考案する旬の食材を使った簡単で美味しいレシピをご紹介していきます
は食べたものからできています! !食べ物から栄養をしっかり摂って、健康な体をつくりましょう

作り方をわかりやすい動画で見ることもできるので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

レシピ監修

仙台ソレイユ生殖医療センターひだまりキッチン 管理栄養士 / 萱森有希さん 2007年東京家政大学卒業後、神田のベルギー郷土料理レストラン「Champ de Soleil」勤務、2011年より副料理長を務める。2016 年より仙台ソレイユ母子クリニックに。調理師、国際薬膳師の資格ももつ。

食欲がない時や胃腸の調子が優れない方に

<生姜入り豆乳甘酒>

・甘酒(※)…100cc

・無調整豆乳…100cc

・おろし生姜…小さじ 1/2

・シナモンパウダー(お好みで)…少々

※〈甘酒の作り方〉

 

作り方

①鍋に豆乳を入れて弱火にかけ、泡立て器で攪拌する(泡が立つくらいに)。

②①に甘酒と生姜を加えて温まったら器に盛り、お好みでシナモンパウダーを振りかける。

①米麹を手でほぐして炊飯器に入れ、米麹の倍の重さのぬるま湯(60℃くらい)を加える

②布巾をかけて炊飯器の蓋を開けたまま保温スイッチを押し 6 時間おく(途中で何度かかき混ぜる)。

※甘酒は市販のものを用いても構いません。その場合は原材料を見て、できるだけ米・米麹のみで作られたものを選びましょう。

レシピ動画はこちら https://bit.ly/3oEwKzs

甘酒は麹菌が生成する酵素によって栄養素が分解・消化されやすく、効率的なエネルギー  代謝が期待できます。豆乳を合わせることでたんぱく質やビタミン、ミネラル等を補い、生姜がよりいっそう体を温めてくれます。

 

クッキングジネコの最新記事

>全記事がドクター編集!

全記事がドクター編集!

不妊治療に関するドクターの見解を取材してきました。