【Q&A】AMHの刺激方法と採血について ~北村先生

採卵に向けて、排卵誘発を試みるも、なかなか上手くいかない。

低AMHの場合、どんな刺激に挑戦するのがいいのかな?

北村先生に聞いてきました。

 

明大前アートクリニック 北村 誠司 先生 1987 年、慶應義塾大学医学部卒業。1990 年、同大学産婦人科IVFチームに配属。1993年、荻窪病院に入職。2008 年、虹クリニック、院長として就任。2018 年2月、明大前アートクリニック開設。医学博士。日本産科婦人科学会専門医。日本生殖医学会生殖医療専門医。日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医。

Su-maさん(37歳)

こんにちは、はじめまして。 

よろしくお願いします。 

地元の専門クリニックで体外受精を実施するも、低刺激で2回失敗、次は高刺激を試してみたいと思っていますが、お 医者さんによって意見が異なり悩んでいます。 

また通院している病院は採血が採卵前の1回しかなく、結果は採卵当日に渡されるシステムです。 

私の治療歴と、スペックで高刺激を試す価値はありますでしょうか? 

また採血は希望してでもしてもらうべきでしょうか? 

以下、自身のスペックと治療歴です。 

結婚4年目、妊活も4年目。 

生理周期23〜28日。 

FSHは10〜13をウロウロ。 

子宮内膜症、卵巣嚢腫の手術歴がありAMHが0.74(両卵巣温存、片側にチョコ2センチあり) 

1回目→低刺激法 

 (クロミッド+HMG300単位 3・6・8・9日目で注射/オビドレル) 

12日目採卵、成熟卵1個、IVFにて受精せず終了 

2回目→低刺激法 

 (クロミッド+HMG300単位 9・11・13日目で注射/HCG10000単位) 

16日目採卵、変成卵1個、GV卵1個で受精操作なく終了。 

主人の方は良好すぎてお医者さんもビックリの数値です。 

「2回の体外受精で結果が出なかった原因は、採卵数が少なかったこと、良い卵子が取れなかったこと、卵と精子の受精に問題があったことと思われます。対策としては、高刺激(アンタゴニスト法、あるいはショート法)で採卵数を増やすか同様の中間刺激(CC+HMG)をクロミッドからフェマーラに変える、あとは自然排卵周期やクロミッド周期で回数で卵子の数を稼ぐことが考えられます。

体外受精での採血は、スタートする際の状態把握(キャンセルの検討)と採卵日決定の2回が必須で、中間で

数回、卵の育ち具合の確認・調整が必要です。」

>全記事がドクター編集!

全記事がドクター編集!

不妊治療に関するドクターの見解を取材してきました。