40歳を目前に2人目をつくるかどうか迷っています

もうすぐ 40 歳。

2 人目をつくるのが不安……

欲しい気持ちの本気度が結果につながります。

2 人目が本当に欲しいなら、1 人目と同じ気持ちで治療に臨んで

福井 敬介 先生 1989年、日本大学医学部卒業。卒業と同時に愛媛大学産科婦人科に 入局、愛媛大学大学院医学専攻科修了。2000年愛媛大学産科婦人 科学助教授。2001年、「高度な生殖医療をより身近な医療として不妊カッ プルに提供したい」と、福井ウィメンズクリニックを開設する。音楽活動のほ かにもさまざまな趣味を持ち、月に一度、船に乗って釣りに出るのが楽しみ という福井先生。瀬戸内海は魚の宝庫。冬はタチウオやハマチ、春はタイを 釣って海の幸を存分に味わっていま
とくとくさん(39歳)からの相談 Q.タイミング療法を経て3度目の人工授精で1人目を妊娠、34歳で出産しま した。産後すぐに体調をくずし、37歳から1年間ほど人工授精にチャレン ジしましたが、妊娠しませんでした。主治医から、私の場合は体外受精に進 んでも成功の確率は人工授精と変わらないといわれたので諦めていました。 しかし、40歳を目前に、諦めたくない気持ちが湧いてきました。一方で、 40代で産むリスクや子育てへの不安もあり、迷っています。

40代での出産。実際には、 どんなリスクがあるの?

福井先生 40 代になると、流産や早産、妊娠高血圧症候群などの合併症になる危険性は高まります。
お産自体は、初産ではないので比較的楽ではないかと思います。
一度、出産をしていれば、子宮口がなかなか開かないなどの理由で分娩に時間がかかるといったリスクは減ります。
とくとくさんのように次のお産まで 6 ~ 7 年のスパンがある場合でも、 1 ~ 2 年あいている場合とそれほど変わらないと思いますよ。
十数年もあいている場合はまた別ですが。
また、不妊治療に関していうと当クリニックには 40 代で不妊治療に来られる方もたくさんいらっしゃいますので、 40 歳にこだわる必要はないと思いますよ。

一度お産を経験すると、 妊娠しやすくなるの?

福井先生 あいにくそうとはいえません。
実は、女性の体は一度出産を経験すると、ほとんどの場合、ガラリと体質が変わってしまうのです。
その変化が良いほうに出るか悪いほうに出るかはわかりません。
出産後に甲状腺の病気や高血圧、糖尿病などの疾患が表面化する方もいます。
逆に持病やアレルギーが出なくなるなど体調が良くなる方もいます。
当クリニックにも 2 人目不妊の治療で来られる患者さんは多いですが、まず 1 人目にこの方法でうまくいったという過去のデータはあてにしません。
まったく別の体になったと思って一から治療にあたるほうがいいのです。
私の患者さんのなかには、不妊治療を 10 年頑張ってようやく妊娠でき、出産した 2 年後に 2 人目を自然妊娠された方もいます。
体質が変わる理由はわかりませんが、そこが生殖の世界の神秘ですね。

2 人目不妊ならではの 問題ってなに?

福井先生 多くの方が心のどこかで「 1 人妊娠できたのだから、 2 人目もできるだろう」と楽観的に考えて余裕をもっているようです。
そこで不妊治療に力が入らなくなるのが一番のネックですね。
不妊治療は、通院や薬の服用などで多少なりともストレスを感じるでしょう。
しかし、治療に対する取り組み方によって結果は変わってきますから、まずは初心にかえって取り組むといいでしょう。
根本的に、 1 人目の時とは環境がまったく違うんです。
何が違うかというと、体質、年齢、子育てなどの環境です。
先にお話ししたように、出産したら体質は変わりますし、年齢を重ねているわけですから、過去の成功はほとんど関係ありません。
さらに、1 人目の子育てなどで時間をとられて、なかなか 2 人目の不妊治療に集中できないのが障害ですね。

クリニックでは、 2 人目不妊 の方へのフォローはあるの?

福井先生  2 人目不妊の場合、 1 人目のお子さんを連れて病院に行かなくてはならない方が多いようです。
当クリニックでは、不妊治療のほかにお産も行いますので、 2 人目不妊の方や 2 人目を妊娠される方も来られるため、 1 人目のお子さんが遊べるキッズスペースや院内保育士さんを用意しています。
不妊治療中の方が他人のお子さんを目にす ることで気分を害するかもしれないという話もあるので、一応は待ち合いスペースのエリアを不妊治療と産科でソフトに分けています。
けれど僕としては、皆さんは子どもが欲しくて来ているわけですから、小さなお子さんを見ることで、自分の未来をイメージするのもいいのでは、と思っています。
何事もポジティブに捉えてほしいですね。

2人目不妊治療への迷いが、 なかなか消えない……

福井先生 もし、まだ 1 人もお子さんがいらっしゃらなければ、たとえ 40 歳でも迷わず不妊治療をされているのではないでしょうか。
本当に再度チャレンジされるなら、1 人目の時と同じくらいのモチベーションで治療に挑んでほしいものです。
不妊治療は大変ですから、年齢や環境を言い訳にして諦めそうになっているのではないでしょうか。
忙しい日々をお過ごしかと思いますが、もう一度、本当に 2 人目のお子さんが欲しいかどうかを考えてみてください。
本当に欲しいと思えば、迷いがなくなり、真剣に治療に向かえるので、結果も違ってくると思いますよ。

Doctor’s Advice

●40代でも妊娠できるチャンスはあります

データ上では40代の不妊治療はあまり成績 が良くないのですが、僕の感覚としては、元 気で若々しく、前向きに治療に取り組んでい る方は順調に胚盤胞まで育つことが多いよう に思います。
とくとくさんのように迷いがあ る方には、もう一度考え直してから来ていた だくようにしています。
心を決めてから始め たほうがいいですね。
>全記事がドクター編集!

全記事がドクター編集!

不妊治療に関するドクターの見解を取材してきました。