繰り返す化学流産 原因がわかりません。

治療法はありますか

生田 克夫 先生 名古屋市立大学医学部卒業。名古屋市立大学産科婦人科学教室助 教授、名古屋市立大学看護学部教授などの経歴を重ねたが、不妊に悩 む名古屋の方たちの役に立ちたいという思いで、教育者の立場を辞して 独立。地元・名古屋の中心部、栄に開院し、1986年から体外受精の 現場を歩いてきた経験と穏やかな人柄で、数多くの患者さんを妊娠に導く。 先生のスマホに葵の御紋?! 周囲が驚くなか、「これ徳川園で見つけた シールなの。面白いでしょ」と満面の笑みを浮かべる先生。「恥ずかしい なあ」と照れながら、歴史ドラマでおなじみのポーズを決めてくれました。
カノンさん(27歳)からの相談 Q.現在タイミング療法中です。病院は不妊専門ではありません。妊娠を 待って2年たちました。この2年間、生理予定日前後に薄い陽性反応 が出て、その後生理が来るということが6回ありました。そのうち4 回はこの4カ月連続で起きました。治療先のドクターに以前相談して みたのですが、気にしなくていいと言われました。しかし、さすがに ここまで続くと何かあるのでは? と思ってしまいます。どこの病院 で相談しても同じ答えなのでしょうか? 何か治療法があり、何とか できるのであればしたいです。

ふたつの流産

化学流産について教えてください。
生田先生 流産には臨床的流産と化学流産 があります。
臨床的流産は、赤ちゃんの袋 である胎のうが確認された後に起こる、い わゆる一般的な流産をいいます。
一方、化学流産は、妊娠診断補助試薬で陽性反応は 出るものの陽性反応だけで終わってしまい、 胎のうが確認される前に流産した状態をい います。

HCGホルモンが反応?

カノンさんは化学流産を繰り返していると のことですが、本当にそうでしょうか。
生田先生 生理予定日前後に薄い陽性反応 があるとのことですが、一般に販売され ている妊娠診断補助試薬では、生理日予 定前に陽性反応が出ることは稀です。
に もかかわらず、そのような状態を6回も 繰り返しているのは疑問です。
妊娠診断補助試薬で検出するのは赤 ちゃんから分泌されるHCGホルモンで す。
このHCGホルモンの注射剤を高温 期のホルモン分泌を促す治療目的で使用 することがあります。
ひょっとしてカノ ンさんは、タイミング療法をされている なかでHCGホルモンの注射を使用して いないでしょうか。
たとえば排卵の一週間 後にHCG注射を打つと、生理予定日あ たりまで妊娠診断補助試薬で陽性反応が 出たりします。
この場合は妊娠反応では なく、体に残っている薬(HCGホルモン) が尿に出たことによる反応です。
もとも とカノンさんは本来よりも早く測定され ているようです。
もしHCG注射を使用 されているなら、生理の2〜3日後に測 定されるとよいでしょう。

黄体機能不全?

HCG注射を使用していない場合はどのよ うなことが考えられますか。
生田先生 着床後の発育がうまくいってい ないと考えられ、子宮内膜の問題が疑われ ます。
まずは黄体機能検査をされるとよいと思います。
子宮内膜は卵巣から分泌さ れる黄体ホルモンの影響を受けてつくられ ています。
高温期の黄体ホルモンの分泌が 不十分だと子宮内膜が成熟しにくくなりま す。
せっかく受精卵が着床しても子宮内膜 から栄養がとれず発育できません。
これを 黄体機能不全といいます。
原因として卵巣 からのホルモン分泌が悪い状態、またはホ ルモンは分泌しているのに子宮内膜の反応 が悪く着床しても維持できない状態の両方 の可能性が考えられます。
そこを検査して みる必要があります。
それでも原因が見つからない場合は習慣 流産の検査を受けてみるのもよいでしょう。
ご夫婦どちらかの染色体に異常があると高 頻度の流産につながりやすく、繰り返し流 産する可能性がないともいえません。
ただ 習慣流産の場合は、化学流産と臨床的流産 がある程度入り交じって起こる傾向があり ます。
妊娠診断補助試薬に陽性反応が薄く 出たり消えたりするのを6回も繰り返すの は、やはり不自然です。
まずは妊娠診断補助試薬を生理の2〜3 日後に使用してみること。
そのうえで一度、 黄体機能検査されることをおすすめします。
>全記事がドクター編集!

全記事がドクター編集!

不妊治療に関するドクターの見解を取材してきました。