蔵本ウィメンズクリニック

不妊症は体の機能ばかりが問題だとは限りません。こころが平和で活力に満ちていることも大切です。
蔵本ウイメンズクリニックでは、まず、自分自身の体を知ることから、丁寧に始めます。一人で悩んだり、傷ついたりしないでください。ここでは、スタッフ全員があなた方を温かくお迎えし、高い知識と最新技術の医療を提供します。ご一緒にがんばりましょう。

基本情報

診療科

不妊治療

基本診療時間

診療時間
8:00~12:00
14:30~17:00

※男性不妊外来のご予約は、お電話でお願い致します。

休診日

日曜・祝祭日

住所・連絡先

一般不妊外来

・検査
・人工授精
・FT(卵管鏡下卵管形成術)

高度生殖医療

・体外受精
・顕微授精
・精子、卵子、胚凍結
・胚盤胞移植
・アシスティッドハッチング
・その他、生殖技術

その他 診療内容

・男性不妊専門外来
・不育症
・メンタルカウンセリング
・遺伝カウンセリング
・産婦人科一般外来

蔵本武志 院長プロフィール

蔵本武志 院長略歴

我が国では夫婦の10~15%が「不妊症」であると言われています。不妊であるため不安になったり、周囲からプレッシャーを受けるなど、言葉では表現できない悩みもあると思います。現在では、不妊治療の分野も飛躍的な進歩を遂げ、以前ではあきらめざるを得なかった症状でも赤ちゃんを授かることの出来る時代になっています。

当院は、21世紀における理想の生殖医療を目指し、さらなるレベルアップを図るため、2003年10月に生殖医療センタービルを建設しました。ご夫婦のお気持ちや考えを尊重しながら、患者様お一人お一人に適切な治療を心と体のケアという側面から段階的に行っています。私をはじめとしたスタッフ一同が最高の医療を駆使して治療にあたります。気持ちをリラックスさせて、ご一緒にがんばりましょう。

昭和27年4月29日生まれ。
山口県柳井市出身。
日本産科婦人科学会専門医、日本不妊学会評議員、日本受精着床学会評議員、日本不妊カウンセリング学会監事、アメリカ、ヨーロッパ生殖医学会(ASRM、 ESHRE)会員、博多区医師会理事、JISART理事、福岡生殖医学懇話会 代表世話人、日本生殖医学会生殖医療専門医、福岡県医師会母体保護法指定医師、九州大学特任講師

この施設の記事

この施設の記事

九州の最新記事

>全記事がドクター編集!

全記事がドクター編集!

不妊治療に関するドクターの見解を取材してきました。